最後まで雪平夏見はカッコ良かった!ついに完結「アンフェア the end」【映画Review】

ogp_image04

目には目を、復習には復讐を、アンフェアにはアンフェアを…

観てきました!「アンフェア the end」
テレビ放送から10年目を迎え、やっとアンフェアもこれで終結ですね。

なんだか人気ドラマから生まれた「踊る大捜査線」や「TRICK」が終わってしまうのと似た名残り惜しさを感じます。まだまだあのカッコイイ雪平夏見を見ていたかった。だからこそ「結末を知りたい。でも、知りたくない」なんてジレンマもあったり。

とは言え、やっぱりファンとしては雪平夏見が最後どうなるのか知りたいわけですよ。

居ても立ってもいられないので劇場へ行ってきました。

※「the end」のネタバレはしないように書きましたが、前作「the answer」までの物語は思いっきりネタバレして書いているので、前作観てから劇場に行こうと思っている人は読まないことをオススメします

Sponsored link

「誰が裏切るか?」がアンフェアの一貫した面白さ

アンフェアという物語はこれまで、ドラマ版、スペシャルドラマ版、映画とながーい歴史がある作品ですが、基本的な見方としては一言でまとめると「いったい誰が裏切りもんなんだ?」ってところを楽しむ作品でしょう。

ドラマ版では瑛太演じる安藤や、濱田マリ演じる蓮見。映画では、江口洋介の公安部斉木、佐藤浩市の一条、まさかの薫ちゃん(加藤雅也)まで!(薫ちゃんは信じてたのにー)

とにかく毎回誰かが「裏切る」という疑心暗鬼映画なのが、この『アンフェア』。もう初期メンバーを考えると、「みんな裏切っとるやないかーい」というツッコミしかありません。
そして、これまでずっと警察内部の底知れぬ巨大な悪に立ち向かってきた雪平夏見(篠原涼子)の結末がこの「the end」で明かされます。

今までの話し全然覚えてないわ〜という方は、公式サイトに復習ページがあったので、それで思い出しましょう。ちなみに「アンフェア」は他のよくある一話完結型の「途中からでも楽しめますよ−」っていう優しい作品じゃないので、観てない人は最初から見ないと全然話がわかりませんw

そして、予告はこちら

予告を見ると、「あなたが父を殺したの?」とあるので、ついに父を殺した犯人がわかるのでしょうか。それではレビューしていきます。

村上(山田孝之)に変わる「新たなボス」

アンフェア the end▲「アンフェア the answer」公式HPより

今回の物語は、前回の「アンフェア the answer」で検察の裏切り者として暗躍した山田孝之演じる村上と、その父の元検事総長の死から始まります。

「the answer」でけっこう主要なキャラクターとして活躍していたので、あっさりやられちゃったのは少し残念。ですが、前半に「the answer」で裏切り者として最後描かれたカオルちゃん(加藤雅也)と、一条(佐藤浩市)が、「新しいボス」についての話をします。

ということで、また新しいキャラが雪平を追い詰めることになりますが、まあ、アンフェアのこれまでを観ている方ならすぐ「あっこいつ怪しすぎるわw」って感じなのがすぐわかっちゃいます。

このボスがけっこう今までにないくらい冷酷というか、非道なやつなんですね。とにかくもう闇の組織に不都合なやつはみんな消してしまえっていう思想の持ち主。もうこれでもかってくらい血を流させるんですよ。だから、今まで雪平に気付かれないようにそっと雪平をだまそうとしていた奴らと違って、かなりギリギリまで雪平を追い詰めてきます。

しかし、今回は今までのアンフェアとは違って、裏切ったと思ったら、実は味方だった的な人も出てくるので、その人が誰かってとこも見どころでしたね!

久しぶりの美央ちゃんとの絡み少ない…

アンフェア the end

今回の作品では、かなり久しぶりに雪平夏見の娘、雪平美央ちゃん(向井地美音)が登場します。あのサイレント子役時代から、今はAKB48のメンバーとなりパワーアップした向井地美音がどういうシーンで登場するのかってとこが少し気になっている人もいるんじゃないでしょうか?

default_b857de4885c2a144a213e199dbaf922e▲10年前の向井地美音

ただ結論を言うと、「めっちゃちょい役じゃん!!!回想シーンと、電話でお喋りしかしてないじゃん!」

そうなんですよ。残念ながら、美央ちゃんが全然絡みないんですよ。まあ、銃を乱射する人たちと闘ってる雪平なので、一緒に行動するのがまずいのはわかってるんですが、もうちょっと絡みあっても良かったんじゃないかなあ、なんて。

「未央ちゃんが最後、すべての黒幕なんだ!」っていう2ちゃんのとんでも予想がありましたが、これはさすがにあり得ないので期待はしないほうがいいですw

そして、みんないなくなった・・・

アンフェア the end

最後に、もうこれネタバレのもうギリギリのところを言っちゃうと、この言葉に尽きます。

今まで、雪平夏見に関わってきた人、そして裏切ってきた人たちって、みんな死んじゃったじゃないですか。安藤(瑛太)も、斉木(江口洋介)も、佐藤和夫(香川照之)も。

だから、この「the end」も例外じゃないんですよ。また誰かが死んじゃう。最後までくると、そう言えば「雪平夏見に関わって人たちって良い人も悪い人もみんないなくなっちゃってるなあ」という感じなんです。

結局、この物語を観てきた観客に残る感情は「この闘いは一体何だったんだろうなあ」ということです。「こんなに人を死なせて雪平夏見が正義を貫く必要があったんだろうか」なんて。

宣伝コピーに「明かされた真実、哀しすぎる結末。」とありますが、まさにこれなんですよね。雪平にとって、なんだか哀しすぎる結末。

アンフェアが始まって、10年。雪平夏見役の篠原涼子がかっこ良すぎて、一度でいいから直接「バカかお前は」って言われたい、なんて妄想に馳せ参じたアンフェアもこれで終結。

ドラマ時代から、もう作品としてのクオリティが高く、ほんとに面白いものを見させてもらいました。トータルで考えると、やっぱりアンフェアは篠原涼子が素晴らしいくらいカッコよく、面白い作品でした!篠原涼子には、雪平夏見みたなカッコイイ女性もこれからも演じていってほしいですね。

トップへ戻る