たった5分で涙!セイコーウォッチの「Precious Moment」が感動的!

20141005152408

ふとfacebookでシェアされていた投稿。いつの間にか、それを見て恥ずかしながらも涙を流してしまいました。

何に涙を流したかというと、このページです。

セイコーウォッチが開設した「Precious Moment」というサイト。

このサイトは「自分」と「誰か大切な人」の年齢と生年月日を入力することで、具体的な時間と気づきを与えてくれるコトバと画像が自動で流れてくるというもの。

と言ってもよくわからないので、実際に見てみましょう!

f:id:headjumper04:20141005142026j:plain

まず、このページがトップの画面。なんとも素晴らしいデザイン。

f:id:headjumper04:20141005142314j:plain

「start」を押すと、綺麗な音楽とともに説明が進んでいきます。コンセプトは「大切な人との時間」について考えてみる、というもの。

f:id:headjumper04:20141005142628j:plain

ここで、自分にとって「大切な人」を選択します。画像では切れているんですが、「彼氏」「彼女」「友達」の選択肢もあります。

f:id:headjumper04:20141005143718j:plain

ぼくはお母さんっ子なので、試しに母を選択してみましょう。ここで「年齢」と「誕生日」を入力します。

f:id:headjumper04:20141005143826j:plain

次に自分の「年齢」と「誕生日」を。

f:id:headjumper04:20141005144023j:plain

さて、これでいよいよ準備完了です!ハンカチの準備をして、いざスタート!

f:id:headjumper04:20141005144519j:plain

f:id:headjumper04:20141005144544j:plain

なんだか時間で表現されると、ものすごく長い時間育ててもらったのを実感します。

f:id:headjumper04:20141005144831j:plain

f:id:headjumper04:20141005145220j:plain

確かに、親元を離れて母と話す機会がめっきり減ってしまったなあ、と。ちょっと目がウルウルしてきます。

f:id:headjumper04:20141005144942j:plain

13年後…親孝行か。

f:id:headjumper04:20141005144957j:plain

もう、ここらへんで耐えられませんでした。電車の中で涙は恥ずかしいです。

これを見ると、なんだか母との思い出を思い出してしまいます。

ぼくは今まで母親になんでも面倒を見てもらう子どもでした。泣き虫で、その度に母親を怒らせてしまって、メンドウな子どもだったと思います。

少し大きくなった後も、高校時代は毎日弁当を作ってもらい、野球部の練習で泥んこになったユニホームを毎晩洗ってくれました。

浪人時代になると、毎日遅くまで勉強する自分に対して食事に気を遣ってもらったり、不安な想いをさせてしまうことも。

ようやく大学の合格が発表された2日後。東日本大震災。その時父が北海道の単身赴任をしていたので、宮城にいた家族を守ろうと母親は1人奮闘してくれたのを覚えています。

このページを見ると、そんな母親との「大切な時間」を思い出してしまいます。

時間の長さは、変えられない。
でも、大切な人と過ごす時間は変えられる。

いやー。こんなセンスありすぎるサイト作るSEIKOさんもすごいですね。そういえば父から誕生日プレゼントとしてもらった時計もSEIKOでした。

これからファンになっちゃいますね。

他のパターンもナミダもんなので、これを読んであなたもぜひやってみてください。「大切な人」との時間をより大切にしたくなるはずです!

トップへ戻る