大学のつまらない講義受けるくらいなら『Newspicks』でもやってたほうがまし!大学生にオススメする4つのポイント!

FireShot Capture - NewsPicks_もっと自由な経済紙を - http___newspicks.com_about_

ただの睡眠時間…つまらない大学の講義!

大学1,2年生のとき、ぼくは講義に出るたびに80%の確率で寝ていました。その理由は、たぶん深夜のバイトを毎日のように続けていて社畜生活をしていたからってこともありますし、高校の野球部時代に「講義は部活の疲れを取る時間だよね~」なんて考えで過ごしてきた習慣のせいかもしれません。

でも、やっぱり決定的な理由は「講義がつまらない」ということです。世の中の大学生または大学生を経験した人ならわかると思いますが、大学の講義ほどつまらないものはありません。教科書に書いてあることを延々とべらべら話し、まるで機械を前に話しているかのような一方通行の講義に、何度辟易したことでしょう。

正直、そんな講義はただの時間の無駄なんじゃないかと思います。とは言っても大学は学びの場、誰しもが実のある考えができるようになりたいはず。そんな大学生に講義より面白い、しかも勉強になって講義中も簡単にできる(外からはどう見てもスマホ見いじっているだけなので、良い成績がほしいかたは講義外にやりましょう)アプリを紹介したいと思います。

それがこれ↓

最近流行りのニュースキュレーションメディアです。

Newspicksとは?

Newspicksとは簡単に言うと、GunosyやSmartNewsなどと同じニュースキュレーションメディアの一つです。その中でも経済ニュースに特化した記事を中心に集めているNewspicks。特徴としては情報そのものではなく世の中の有識者や著名人がその記事に関してコメントが見ることができ「ニュースそのもの」だけではなく、「ニュースの見方」まで知ることができる点です。

詳しくは以下の記事がわかりやすいかなと思います。

ポイント①最強の思考トレーニングになる!

さて、そのNewspicksなのですが、なぜ学生が使うべきかという点を4つに分けて説明します。大学というのは本来の目的というのは、「考える力」の醸成だとぼくは思っています。高校までは知識の詰め込みだったものが、大学からは”その知識を活用してどう自分の論を組み立てるか”ということが問われます。

とは言っても先ほど述べた「一方通行」の講義だとその力は養えず、結局知識はあるけど何にも生かされない、という人が量産されてしまう。

しかし、このNewspicksを使えば、ニュースというひとつの素材を使って、あらゆる背景の人のコメントを読んで多角的な視点を学び、そして自分自身もコメントすることで、知識のインプットからアウトプットまでのプロセスを経ることができる。そういう思考のトレーニングに最適となるんです。

ポイント②たくさんの大学生&同世代に出会える!

大学生というのは、生活が自由なぶん、たくさんの人と交流するような行動的な人ではないと自分の大学の小さなコミュニティの中で過ごしてしまいます。そうすると、自分たちの周りの人と違うことはあまり考えなくなってしまい、あまり良いものとは言えません。

Newspicksは正直、学生ユーザーの数がまだまだ少ないような状況に感じます。ただ、以下の記事の@yogoroさんのような学生が最近はどんどん増えてきて、「同世代なのにめっちゃ良いコメントしてる!こいつの考えてることまじすげえ!」って思うことがよくあります。

直接「出会う」わけではありませんが、「こういう学生がいるのか!」ということを知ることができるだけでも、やはり自分の学生生活の意識ってかなり変わってくるんじゃないでしょうか。

ポイント③就活の採用に使われる可能性がある!

さて、大学生として「考える力」の醸成にも素晴らしいと思うNewspicksですが、どんどん有名になればなるほど、就活への影響も出てくる可能性があります。

例えば、採用担当者が優秀な学生をほしいと思った場合、今まではSPIという試験や、学歴フィルター、面接の受け答えでしかその人の「考える力」というものは判断できませんでした。しかし、このNewspicksを介することで、普段からビジネス記事に関して良いコメントをしている大学生、つまり優秀な人を簡単に見つけられることができんです。

なので、普段から良いコメントをしている学生には、就活のオファーがくるなんてこともこれからやってくるのではないでしょうか。

ポイント④ユーザーの愛にあふれている!

最後に、いくらNewspicksが良い機能にあふれていたとしても、経済ニュースなんてかったるいし…なんて人もいると思います。ただ、そんな人にひとつ言いたいのが「使えば、大好きになって続けざるを得なくなっちゃう」ということです。

その証拠にNewspicksのユーザーさんは、頼まれてもいないのにNewspicksの記事を書き(ぼくもその1人)、しかも「こうすれば良くなるよ!」みたいな提言までしてくれる。加えて、その記事はNewspicks内で200以上のコメントをもらうものまであるんです。これだけでも、Newspicksの愛され方がわかりますね。

まとめ

以上、学生が使うべきNewspicksについて書いてみましたが、どうだったでしょうか。講義の時間の間、つまらない講義を聞くよりNewspicksでコメントをしていたほうが、ぼくはよっぽど有意義な時間になる気がします。っていうか、経済系の講義の宿題に、じゃあ「Newspicksでコメントしといてねー」みたいなのもあってもいいくらいじゃないかと思ったりもします。

どこかの教授がTwitter導入したって話もあるから、Newspicks導入なんて日も近いのではないでしょうか。

トップへ戻る