【休学生活216日目】なんか面白そうで生きる

2391493378_f0a1cf40b1_b

photo by afu007

もう11月って……早いですね。

もうコート着ちゃう季節ですよ。

秋っていつ来てたんですか。気づかなかった…

よくわかんなくて、画像も夏の写真使ってしまった。まあいいか。

もうこっちに来て7か月も経ってしまいました。色々あったので、とりあえずどんなことがあったかを整理するために、これまであった出来事を羅列してみようと思います。

  • 映画業界の道を志す
  • はじめての1人暮らし、はじめての東京にワクワクする。渋谷うっほーい!
  • 映画の宣伝を学ぶ専門学校に通い始める(現在進行中)。
  • 社員2名の小さな映画会社でインターンを3ヶ月して、「クソみたいな大人ってこういう人のことなんだ」と思う人に出会う。
  • 着替えに往復30分かかる迷路のようなホテルのレストランに唖然とし、そのバイトを2日で辞める。
  • 映画祭のインターンの面接を受けるが、3度も約束を破られこっちから断る。自分の出会った映画業界の人の人間としてのレベルに辟易する。
  • 映画の道を進むことに違和感を感じ、ブログ書いたら炎上する。
  • 飲食店2年も経験あるのに、居酒屋バイト面接で落とされてちょっとへこむ。
  • 休学前に貯めたお金が底を突き、父親に頭下げる(orz←メールで)。
  • 軽い気持ちで行ったIT系企業のインターンの面接に、「君は求める人材じゃない」ってその場で言われてさらにへこむ。ここらへんから迷走モードに入る。
  • とりあえず働くしかないと考え、時給1500円もする不動産系ベンチャーでバイトを始める(現在進行中)。
  • プラスして映画から離れて、宣伝とかマーケティングを学びたいと考え、WEBマーケティング会社でインターン始める(現在進行中)。
  • 迷える子羊中

こうまとめてみると、予想以上に濃い7か月間でしたw

客観的に考えて、どう見ても楽しそうではないw

今は、きちんと週5日会社に行き安定したバイト収入があって、なんとか落ち着いてますがこの7か月の半分くらいが「働いて、がっくりして、迷走して、もがいて、迷走して」みたいな日々が半分以上あったんじゃないかぁと思います。

正直、休学前は予想もしていなかった展開しか起こっていません。人生何が起こるかわからないって言うけどマジで本当ですね。

最近は上のリストの現在進行中って書いてあることが生活の中心です。基本インターンで普通の社会人のような働き方をしていて、少し迷ったのですが映画宣伝の専門学校も続けています。

なぜ続けようかと思ったかと言うと、正直言って当初の目的であった「将来のキャリアのため」ではありません。初めは、確かにそうでした。将来どうしようかって悩んで、好きなことを仕事にしたいって思って、それで色々考えてベストだと思う選択をした。それが映画の専門学校だった。

でも、そんな最初の気持ちがなくなってしまった今、無理して学校続ける意味もありません(その経緯は、この記事で書いてます⇒好きなことを仕事にすれば、幸せになるのは本当か?休学して辿り着いた答え。 – まさろぐ)。週5日で働いて、合間に学校やらグループワークやらはけっこうしんどいです。

それでもやろうと思ったのは、純粋に「面白そうだ」と思ったからです。全くもって単純です。

この専門学校に通い始めて、同じ年代だけで集まってる大学とも違う、会社とも違う「映画」という趣味でつながった人たちと出会った。ぼくはこういうつながりってのが新鮮で、何だかいいなって思えたんです。

そんな人たちと、あと半年ワイワイ映画のキャッチコピーとか、ポスターのデザインとか、宣伝計画を考える経験が単純に「面白そう」じゃないですか。

だから「あと半年お金も払ってしまったし(これも理由の40%ぐらいあるw)やってみよう」、と。そう思ったんです。

なんだか成長してないですね。
自分は結局こういう直観的に決断しちゃうからダメなんでしょうか。
まあ、そういうことでこれからインターンと学校をとりあえず2月まではきちんと続けることとします。結局、「休学終わって将来何すんの?」ってことはそのときに改めて考えていく予定です。
たぶん、最終的に「面白そう」で選ぶかもしれませんねw

トップへ戻る