【休学生活100日目】迷走中

ブログをアメーバからはてブに移転することにしました(2014年)。理由は、①アメーバのガチャガチャしたUIがちょっと気に入らなかったのと、②ブログのテーマを”休学生活”と”キャリア”と”就職活動”に絞ろうと思ったからです。映画のレビューは

映画の感想・レビュー Filmarks(フィルマークス)

という素晴らしいアプリで消化できるので。

アメーバの記事は先の3つのテーマについて触れたものだけこっちに徐々に移転していくつもりです。

さて、休学生活ももう100日目です。スタートは4月1日で数えているので、これを読んでいる人も新学期やら新生活から100日目ってこと。時が経つのは早いもんですね。これを読んでくれている人はどんな感じで100日目を迎えているんでしょう?ぼくはですね、生活のモチベーションだだ下がりですよw

というのも、今の状態が、ほぼニートだからです。正確に言うと、求職活動してるからニートとは言えないのかもしれませんが、今日なんて平日だっていうのにずっと家の中でだらだらしてる感じでした。以前のエントリーにも書いたインターンはどうなったの?って疑問に持つ人もいると思いますが、それはですね。こちらからお断りいたしました!理由を書く前に以前応募したインターンがどんなもんだったか説明しておくと、内容としては、東京国際映画祭のPRスタッフチームとして3ヶ月間活動するというもので、無給ですが業界を目指すものとしては色々学ぶことができるんじゃないかと思えるものです。それで、なぜぼくがこれを断ったかというと、一番は面接先の会社の対応の悪さです。

担当者「〇〇くん、それじゃあ採用の合否の連絡は来週ね」

自分「わかりました。よろしくお願いします!」

1週間後

自分「うーんおかしいなー。連絡が来ない・・・これはもしや世に言うお祈りってやつか。こっちから聞いてみよう」

担当者「申し訳ございません。まだ選考が長引いていますので来週中までに」

1週間後

自分「あれっ・・・期限過ぎちゃったけど・・・連絡全然来ないなー。また連絡してみよう」

担当者「あと両日ご辛抱ください」

1週間後

自分「くそー何なの!!連絡こねーよ!遅れるのは仕方ねえけど、遅れるってのを連絡しろよ!あーもう前回のインターン先もアレだったから、慎重に選んだのにー!ムキ―!あーあ、こんな簡単な連絡もできないようなとこで働いたって何もプラスになんねえよ!!」

まあ、こんな感じで辞退をしたわけです。こっちは無給で3ヶ月フルタイムというかなり金銭的に身を削るチャレンジを決意したのに、こんな対応されたらアリも殺せない優しいぼくだってそりゃあ怒りますよ。ほんとインターンを何だと思ってるんでしょう。安い手頃な労働力と勘違いしてるんじゃないですかね。

ということで、ぼくは6月をもって4月から始めていたインターン先の会社も辞めて晴れてニート生活者に仲間入りをしました。もちろんアルバイトすらやってません。いやはや何の為に休学したんでしょうか。と言っても、ただ仕事がないだけなら別にそれほど精神的に苦痛はないんです(家にいて腐ってるだけですから)。問題は休学の軸となっている「映画業界へ行こう」という道に対して方向転換をしようと考えていることです。こういう考えに至った理由は簡潔に言うと①映画業界の人と自分がたぶん合わない、②想像以上に環境が大変、③映画を趣味としたほうが自分にとって合っている気がする、という3つの理由からです。詳しく書くと長くなるので詳細は書きませんが、こういう理由で映画への道を前向きに諦めてみようかなと考えています。ぶっちゃけ4月の志望度が100%だとすると、今は30~40%ぐらいですから。なので、もし今小さい映画会社が「youうちにきちゃいなYo」なんて言ってきても、断っちゃいますね。たぶん。

そんなこんなで、今は自分の将来についての考えが迷走しています。もう就活生が「おれのやりたいことって何なんだ!?やべー死にたい」っていうメンタリティと似たような迷走っぷりです・・・まあ、そんなこと言っても、時間は刻々と過ぎていくわけで働かないことにはマジで死んでしまう。なので、とりあえず今はアルバイト探しに勤しんでいます。結局、もうやらないと決めた飲食店のアルバイトにまた応募中で、もそもそ動きだしてはいます。

まあ、ということで近々の目標は「働く場所探し」です。暇なので、エントリー頻度高めで7月はやっていこうと思いますw

トップへ戻る