公式情報だけのキュレーションサービス「inforigin」信頼のある情報だけを直接届ける!

img_76721_2

ここ1・2年、Gunosyや、SmartNews、LINEニュースなどキュレーションメディアが台頭し、スマートフォンを通した情報収集の利便性が劇的にアップしてきました。それに伴い、Webにおけるメディアもどんどん拡大し、現在は色々な企業やNPO、自治体などがこぞってWebメディアに取り上げられようと情報を発信しています。

でも、そんな情報発信も虚しく、メディアに取り上げられないような情報はそれを求めているであろう人に届かない場合が多い。

また、届いたとしても「誰かが何かしらの意図をもって情報の取捨選択をし、更に意図に沿って加工されたものがほとんど」なのが現状でしょう。

Sponsored link

公式情報のキュレーションサービス「inforigin」

そんな企業や政府、自治体、NPOなどが発信する正確な公式情報を届ける。そんなサービスが公式情報のキュレーションサービス「inforigin(インフォリジン)」です。

高度化された情報社会に生きる方々へ『“情報(information)”の“発信元(Origin)”が明確な情報』を、『いち早く正確に、個人の属性・興味関心に合わせて情報を表示・届ける』ことを目的に“公式情報キュレーション”サービスを開発いたしましたプレスリリースより)

信頼のできる発信元の情報が手に入る

inforigin inforiginについて

機能としては以下。

サイト上の情報を閲覧するだけでなく、会員登録をしたのち、自分の趣味嗜好や欲しい情報を登録することによって公式情報と併せて、様々な知見を持つユーザー様からのコメントを同時に見ることができます。

さらに、情報の検索に加え、気になる記事を“Clip”して後から読むこともでき、興味のある情報カテゴリ、情報発信元からの情報を定期的に確認することも可能です。

ユーザー同士でフォローすることもできるため、他のユーザーがどのような情報に興味を持ち、どのようなコメントをしているかを確認することも可能です。プレスリリースより)

コメント機能や“Clip”など、Newspicksと似たような機能が多い印象です。

従来のキュレーションでは得られない情報源になりそう

ざっと読んでみて、従来のキュレーションサービスでは得られない情報源になるのではないかと思いました。

例えば、以下のような「トルコにおけるテロ事件について」などの外務報道官談話の発信情報など日常のキュレーションメディアでの情報収集では絶対見ないような情報に触れられるのは新鮮な感じを受けました。

inforigin トルコにおけるテロ事件について(外務報道官談話)

個人的には仙台住まいとして、復興庁から発信される情報や、地方の宮城県情報などにもアクセスできるのは嬉しいです。

inforigin 地方に関する公式情報一覧▲ローカル情報もキュレーションしてくれるのはありがたい!

高い信頼性のある公式情報だけのキュレーションは今までなかったものなので、コンセプトとしては面白いなぁと思います。しかし、すべてが公式情報であるがゆえになかなかソーシャル上でシェアされるというような広がり方は期待できません。そのため、大きく拡大していくことはなさそうですが、メディアの意図ある加工がされていない情報を求める一定の層にとっては、とても便利なサービスになるのではないでしょうか。

トップへ戻る